非接触センサーとカメラで入院中の動物をやさしく見守ります。


動物見守りシステムmonipetモニペット
お問合せは取扱代理店へ


インタビュー

#10 浦安中央動物病院 周藤行則先生

2016.9.23

千葉県浦安市にある「浦安中央動物病院」。開業してから約30年という長い間、地域と密接に関わってきた動物病院です。2015年に「すとう動物病院」から病院名を変更し、現在は獣医師、スタッフを含め13人で運営しています。「来てくれた患者様を全部治して、飼い主様に喜んでほしい。」と語るのは浦安中央動物病院院長の周藤 行則(すとう ゆきのり)先生です。
動物病院のお話やmonipetの活用状況などを周藤 行則先生に伺いました。

浦安中央動物病院 外観


Q.浦安中央動物病院の特長を教えてください。

どんな病気・怪我でも診ます!普通の診療はもちろん、各分野に専門の先生がいるので専門分野はより力を入れています。他の病院でお手上げの病気や怪我でもなんとか治したいというのが基本スタンスです。


 

Q.浦安中央動物病院の治療体制について教えてください。

今は獣医師は4人在籍しています。
私が院長で、全体的なことと外科手術全般が主な担当です。
副院長の周藤 明美先生は内科を担当しています。獣医アトピー・アレルギー・免疫学会の会員でもあり、特にアレルギー関係の皮膚病などを重点的にやっていますね。
それと、内科をメインで診療している藤野先生がいます。先生は東京大学で10年間教員をやっていた経験を持っていて今も講演で全国を渡り歩いています。
藤野先生は大学病院がやっているような二次診療にあたる病気を診ています。先生が今まで大学でやってきた治療をやることで、自分たちが治せる病気も増えてきました。一次病院から二次病院へ、少しずつレベルアップしてきています。
それから代診の先生に女性の菊田先生がいます。


 

Q.2015年に病院名を変更されましたが、院内の雰囲気などで変わったことはありますか?

今まで私たちの病院は、飼い主様に負担なく安く治療したい!という一心で一生懸命30年間やってきました。けれど、患者様にとってどうかと考えてみたら、患者様が元気になって回復するということと、自分たちがやってきたことは違うんじゃないかなと。飼い主様の経済的負担を気にし過ぎて、病気の診断がおろそかになっていたかもしれない。
値段を安く抑えようとするとあまり高価な検査はできません。検査自体もお金が掛かりますからね。病院も経営なのでこれ以上は飼い主様に負担が大きいと思うと診断の手がすくんでしまうんですよ。これでは治療可能な病気も治せないです。

最近はガツガツと病気をやっつける方向に専念してチャレンジしてみようと思いました。昔から交流があった藤野先生に病院に来てもらって、より高度な治療ができるように日々勉強しています。目指すところは「治療で飼い主様に喜んでもらえる病院」。だから『重症な患者は大学病院へ』ではなく、『重症な患者もうちで診ます』ということに取り組んでいます。


 

Q.monipetの気に入っているところを教えてください。

一番はシンプルさです。monipetはあれもこれもと多機能を重視してきた日本的発想で作られていないんですよ。普通だったら、バイタルサインの他に血圧も測ろう、心電図もとろう、といろんな機能を盛り込もうとします。でも、付け足された機能は使わないままになる可能性が高いんです。monipetの波形は呼吸の有無を表し、画像でリアルタイムな状態を確認できるので、バイタルサインを確認するには十分です。
またmonipetは使うときも自分で設定する部分が少なく、シンプルに作られています。たとえば、ネットワークは専用回線を設けているので、元々使用しているLAN設定をいじる必要はありません。「コンセントに挿すだけで、すぐに使用できる。」というコンセプトはすごく良いです。


 

Q.どういう場面で利用するべきと考えていますか?

一般の個人病院に適していると思いますよ。人手不足で監視システムの導入を検討している先生が圧倒的に多く、ニーズに合っていると思います。
ある程度状態が安定している患者を見るため、あるいは状態が深刻だけどどうしても獣医師自身が用事で病院を離れるときに利用するものだと思います。誤解しないでほしいのが、生きるか死ぬかの重症患者がいるときに、家に帰って寝るための設備ではないということです。その場合、私たちの病院では寝ずにずっと患者様を診ています。


 

Q.飼い主様に伝えたいことはありますか?

私たちは他の病院では治療そのものが難しいような病気や怪我でも、なんとか頑張って救える命をできるだけ増やしたいと考えています。もちろん軽症も診ますが、本当に生きるか死ぬかという症例をどうにかして助けたい、それが今の私たちの使命です。
 

周藤先生、ありがとうございました。
次回も動物見守りシステムmonipetをご使用していただいている動物病院様にお伺いする予定です。
お楽しみに!


 

浦安中央動物病院

千葉県浦安市堀江2-29-8
http://www.ucah.jp/



インタビュー一覧へ


このページの先頭へ
株式会社JSP 株式会社ジェイエスピー 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-6-32 横浜東口ウィスポートビル
All rights reserved. Copyright (C) JSP CO.,LTD.